格差社会で貧乏人に陥らない為の方法 って|身近なお金で得する話

格差社会で貧乏人に陥らない為の方法 って| 身近なお金で得する話

このページは『格差社会で貧乏人に陥らない為の方法 って』ページです。
 意外に知らないお金の話。ちょっと調べると、節約や貯蓄に役立つ話がたくさんあるらしい。調べよう!お金の話。

身近なお金で得する話TOPへ   

 
ブログの引越しをしました。自動的に新ブログに飛ぶようになっています。万が一ジャンプしない場合はhttp://money.0hs.org/をクリックしてください。

サイトを引越しするかも

 現在、当サイト「身近なお金で得する話」の引越しを考えている。

 少しずつ、記事を新サイトに移していくつもりだ。

 検索で来てくれた人は、いきなり画面が変わっても驚かないでね。

 <<身近なお金で得する話・最新記事リスト>>

ふるさと納税で高金利定期預金北都銀行インターネット支店「あきたびじん支店」 (11/28)

年末調整する人しない人、年末調整でできることできないこと (11/24)

年率(税引前) 2.00% SBIホールディングス株式会社第6回無担保社債概要 (11/23)

冤罪事件に巻き込まれたら貧乏人はどうやって弁護士を頼めばいい? (11/22)

法定相続人ってどこまでの親族? (11/21)

私は天涯孤独です。遺産はどうなるの? (11/21)

国民健康保険の保険料の計算は、市町村で大きく違う (11/19)

社会保険料と副業 (11/19)

厚生年金保険料は、給料の何%か? (11/19)

毎日定額購入で投資信託を購入できる (11/19)

GDP(国内総生産)っていったい何? (11/18)

老齢基礎年金をもらうためには国民年金保険料は何歳まで払わなくてはならない? (11/16)

銀行によって外貨預金の手数料が大きく違う (11/15)

年賀状代を節約!年賀状は郵便局で買うと損をする (11/12)

外貨MMFと外貨預金どちらがとくか比べてみよう (11/11)

老齢年金の種類 (11/06)

投資信託の基準価額ってどういうもの?高いほうがいい?低いほうがいい? (11/05)

口座貸越(当座貸越)の上手な使い方 (10/31)

イオン銀行でイオンカードセレクトをもってる人専用定期預金特別金利キャンペーン中 (10/29)

遺族がもらえる年金まとめ (10/26)

SBI証券利付国債の購入手続き (10/23)

EB債「他社株転換可能債」はハイリスク (10/19)

ニッセイ日経225インデックスファンドの利益 (09/26)

個人向け国債5年ものvs銀行5年定期 (09/20)

9月の国債「個人向け国債」「利付国債(利付国庫債券)」どちらがとく? (09/19)

障害年金と年金保険料・法定免除は受けたほうがとく? (09/10)

証券会社別個人向け国債 変動 10年(第54回)の募集期間と購入キャンペーン (09/08)

9月の個人向け国債の募集が開始されている (09/06)

婚外子(非嫡出子)の相続制限は違憲・最高裁判決に伴い相続の扱いが変わった (09/06)

被災者生活再建支援法による自然災害被害者への援助 (09/05)

SBI証券のセキュリティ対策「PC登録あんしんサービス」 (09/01)

SBI証券のパスワード変更ってどこからどうやるの? (08/30)

出産一時金について (08/16)

なぜだろう?銀行員はお金を持ってる人が多いんだって (08/14)

障害手当金は厚生年金の加入者がもらえる一時金 (08/13)

東京都職員信用組合の新入職員限定高金利積み立て (08/11)

障害年金と税金 (08/04)

障害厚生年金でサラリーマンは安泰 (08/02)

20歳でももらうことのできる年金・障害基礎年金について少し勉強してみよう (07/30)

携帯電話に税金がかかるかもしれないよ (06/23)

税金を過払いしていたらいくら還ってくるか?埼玉県固定資産税過徴収 (06/19)

大和証券個人向け国債購入キャンペーン・キャッシュバック (06/17)

大和ネクスト銀行開設3周年特別定期預金金利キャンペーン (06/16)

年金がもらえるのは、何歳から? (06/14)

あちこち壊れてもう大変・自分で直せば一番お金がかからない (06/13)

年金は何歳からもらうのが得? (06/12)

SBI証券の個人向け国債キャッシュバックキャンペーン (06/11)

6月募集個人向け国債10年ものただいま募集中 (06/10)

里親制度と支給・公費負担 (06/08)

今週のお金の話・2014年5月31日から6月7日まで (06/07)

総記事数:
★全ての記事を表示する



ナビゲーション:Top Page >スポンサー広告 > 格差社会で貧乏人に陥らない為の方法 って・貯められない貴方の為のメソッド > 貯蓄体質になろう > 格差社会で貧乏人に陥らない為の方法 って
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身近なお金で得する話内の検索はこちら

  

- | -
2012年12月29日 (土) 18:46 | 編集

 某サイトで『格差社会で貧乏人に陥らない為の方法 』なんて記事が出てた。

 ま、例によって、納得できたりできなかったりだが・・・。

 ちょっとご紹介。

 いか、引用してます。

 

格差社会で貧乏人に陥らない為の方法

 

仕事を辞めて残るものを考える
 サラリーマンとして会社に勤めていた場合には、「仕事を辞めたら何が残るか?」という事について考える必要があります。
 大切な彼氏・彼女・家族が居るというのであれば、それは人生を豊かにする大切な資産です。
 また、自分が保有する書籍、知識も重要な資産と言えます。
 仕事を辞めてみたときの資産が多ければ多いほど、貧乏人から遠ざかる事が出来ますので、日頃から自分の資産を増やしていく事を意識しましょう。
 10年、20年単位で資産を増やす計画をしっかり考えておけば、貧乏など自分に無縁である事に気が付くはずです。

 

サービスを受ける側と提供する側
 経済成長がほぼ0%のような日本の経済状況は、日本全体(全員)が豊かになっていくという事はありえません。
 0%成長の状態では、「ゼロサムゲーム」と言われるように、誰かの富が誰かの場所に移転するだけになります。
 私たちが他者に「何かの情報に接したり」、「サービスを受けたり」、「ご飯を食べたり」することを「受ける側」だとすれば、他者にそれ以上の 「サービスを提供すること」は「提供する側」と考えられます。
  「提供する側」から「受ける側」を引いた部分が多ければ、自己資産は増加すると考えて良いでしょう。サービスを常に「提供する側」であれば、ゼロサムゲームで勝ち組になる事ができるのです。

 

「消費」を減らし「投資」を増やす
 自分の資産を増やして行く為には、無駄な「消費」を出来る限り減らして、資産になる可能性の高い「投資」を増やしていく必要があります。 
 自分の価値観で、資産を生み出すと考えたら、積極的にお金や時間を投資しましょう。
 例えば、この女性は人生のパートナーと思えば、いくらお金を出しても惜しくないのと同じ事です。
 将来役立つ所に集中的にお金と時間を費やして、将来の役にも立ちそうでない場所には一切お金をかけないという事が大事です。

 

新聞紙を見ない
 世界中で新聞は廃れているにも関わらず、日本では今でも高齢者を中心に新聞紙を「有力な情報源」と考えている人が多くいます。
 新聞紙は、1部単位で購入する必要があるので、自分が興味が無い情報まで一緒に購入させられます。
 経済面以外に興味がない人も、政治面、スポーツ面まで一緒に購入するので「買った瞬間に損失」が発生します。
 月額3000円を新聞代に支払って、実際に興味持てる情報は1000円もないかもしれません。
 新聞をとるのは停止して、インターネットで情報を仕入れる事に慣れましょう。

 

テレビを見ない
 最近では、良く「テレビを見れば馬鹿になる」と言われるようになりました。
 インターネットの口コミサイトなどで「やらせ」があると問題になったりしますが、テレビは基本的に「全部やらせ」です。
 詰まらない芸人の「全部やらせ」番組をまともに見て時間を潰していたのでは、馬鹿になるのは当然です。
 テレビは見ないようにして、情報は  
 インターネットで調べるようにしましょう。

 

スポーツ観戦をしない
 スポーツ観戦の観戦時間は、数時間という時間がかかるので、「スポーツ観戦」というのは、生活に余裕の出てきた庶民人気がありました。
 しかし、最近のスポーツは、所得が増加すればするほど、観戦する人が減る(経済学で劣等財という)という傾向があります。
 「お金を持っている人」はスポーツ観戦に興味が薄れ、「お金が無くて時間がある人」がスポーツ観戦する傾向があるようです。
  テレビなどのメディアは、オリンピック、ワールドカップと騒ぎたてますが、オリンピック選手が勝っても、ワールドカップで優勝のチームが変わっても、自分の生活には何も影響はありません。
 自分の生活に関係ない所に熱狂してしまうと、自分の生活はどんどん貧しくなるものです。
 あの選手の金メダルは、その選手にとって素晴らしい事ですが、テレビの前で観戦する人の人生を変える事はありません。
 スポーツ観戦する時間があったら、本を読んで勉強したり、自分の体を鍛えるなどしていた方がずっと有益です。

 

課金のゲームをしない
 最近、スマホで携帯からもネット接続が便利になった事もあって、携帯ゲームが流行しています。
 10代、20代の若い世代ばかりでなく、30代、40代の中年世代にも人気があるようです。
 無料とされるゲームですが、無料で遊んでいても大切な「時間」は消費してしまいます。
 ゲームをして得た最強アイテムは、換金出来ないという事になっていますので、ゲームをすればするほど、実際の自分の生活は貧しくなっていくという事を意味しています。

 

周囲を意識しすぎない
 日本人は、共同意識を強く教育されてきたので、「周囲に合わせたくなってしまう」人が多いのです。
 しかし、この「周囲に対する協調性」というのは、貧困に向かう第一歩です。
 例えば、周囲に「新聞は情報源として必要」と言われて、自分にとって必要の無い新聞をとったとすれば、気が付かないうちに経済的損失が発生した事になります。
 大切な事は、「自分にとって本当に必要か」を見極める事であり、周囲に合わせる事ではありません。
 「自分にとって必要」と感じるものであれば、お金と時間を投資を行なうべきだし、「必要ないと感じるもの」に自分のお金と時間を投下すれば貧乏に突き進んでしまいます。
 自分の価値観で「必要」「不必要」をしっかりと選択していく事ができれば、自分の資産はどんどん増えていく事でしょう。

 

 とまあ、こんな感じ。

 

 『仕事を辞めて残るものを考える 』『「消費」を減らし「投資」を増やす』『課金のゲームをしない』『サービスを受ける側と提供する側』はきっと誰でも納得できるんじゃないだろうか?

 

 『新聞紙を見ない』『テレビを見ない』『スポーツ観戦をしない』『周囲を意識しすぎない』については、限度問題かなあ。

 新聞やTVは値段以上に活用している人もいるだろうし。

 スポーツ観戦云々は、趣味の範囲だ。

 周囲を意識しすぎないってのは大事だが、上の文章でみると「周囲を意識しすぎない」ではなくて「自分が必要ないと思っているのに周囲にあわせて、必要ないと感じるものにお金と時間を払わない」ってことみたいだけど・・・。

 日本の社会でサラリーマンとしてやっていこうと思ったら、「自分が必要ないと思っていても周囲にあわせて、必要ないと感じるものにお金と時間を払う」ほうが多分人間関係はうまくいく。

 といっても、そう言って、人間関係を築いてもいざとなった時に助けてくれるかはわかんないけど。

 

 格差社会で貧乏人に陥らない為の方法としては、『仕事を辞めて残るものを考える 』『「消費」を減らし「投資」を増やす』『課金のゲームをしない』『サービスを受ける側と提供する側』ってあたりをまず考えてみたらいいかもしれない。

  サイト内の同タグのついた記事
格差社会 お金  

同じタグのFC2ブログの記事
格差社会 お金
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。