住民税の基礎知識|身近なお金で得する話

住民税の基礎知識| 身近なお金で得する話

このページは『住民税の基礎知識』ページです。
 意外に知らないお金の話。ちょっと調べると、節約や貯蓄に役立つ話がたくさんあるらしい。調べよう!お金の話。

身近なお金で得する話TOPへ   

 
ブログの引越しをしました。自動的に新ブログに飛ぶようになっています。万が一ジャンプしない場合はhttp://money.0hs.org/をクリックしてください。

サイトを引越しするかも

 現在、当サイト「身近なお金で得する話」の引越しを考えている。

 少しずつ、記事を新サイトに移していくつもりだ。

 検索で来てくれた人は、いきなり画面が変わっても驚かないでね。

 <<身近なお金で得する話・最新記事リスト>>

ふるさと納税で高金利定期預金北都銀行インターネット支店「あきたびじん支店」 (11/28)

年末調整する人しない人、年末調整でできることできないこと (11/24)

年率(税引前) 2.00% SBIホールディングス株式会社第6回無担保社債概要 (11/23)

冤罪事件に巻き込まれたら貧乏人はどうやって弁護士を頼めばいい? (11/22)

法定相続人ってどこまでの親族? (11/21)

私は天涯孤独です。遺産はどうなるの? (11/21)

国民健康保険の保険料の計算は、市町村で大きく違う (11/19)

社会保険料と副業 (11/19)

厚生年金保険料は、給料の何%か? (11/19)

毎日定額購入で投資信託を購入できる (11/19)

GDP(国内総生産)っていったい何? (11/18)

老齢基礎年金をもらうためには国民年金保険料は何歳まで払わなくてはならない? (11/16)

銀行によって外貨預金の手数料が大きく違う (11/15)

年賀状代を節約!年賀状は郵便局で買うと損をする (11/12)

外貨MMFと外貨預金どちらがとくか比べてみよう (11/11)

老齢年金の種類 (11/06)

投資信託の基準価額ってどういうもの?高いほうがいい?低いほうがいい? (11/05)

口座貸越(当座貸越)の上手な使い方 (10/31)

イオン銀行でイオンカードセレクトをもってる人専用定期預金特別金利キャンペーン中 (10/29)

遺族がもらえる年金まとめ (10/26)

SBI証券利付国債の購入手続き (10/23)

EB債「他社株転換可能債」はハイリスク (10/19)

ニッセイ日経225インデックスファンドの利益 (09/26)

個人向け国債5年ものvs銀行5年定期 (09/20)

9月の国債「個人向け国債」「利付国債(利付国庫債券)」どちらがとく? (09/19)

障害年金と年金保険料・法定免除は受けたほうがとく? (09/10)

証券会社別個人向け国債 変動 10年(第54回)の募集期間と購入キャンペーン (09/08)

9月の個人向け国債の募集が開始されている (09/06)

婚外子(非嫡出子)の相続制限は違憲・最高裁判決に伴い相続の扱いが変わった (09/06)

被災者生活再建支援法による自然災害被害者への援助 (09/05)

SBI証券のセキュリティ対策「PC登録あんしんサービス」 (09/01)

SBI証券のパスワード変更ってどこからどうやるの? (08/30)

出産一時金について (08/16)

なぜだろう?銀行員はお金を持ってる人が多いんだって (08/14)

障害手当金は厚生年金の加入者がもらえる一時金 (08/13)

東京都職員信用組合の新入職員限定高金利積み立て (08/11)

障害年金と税金 (08/04)

障害厚生年金でサラリーマンは安泰 (08/02)

20歳でももらうことのできる年金・障害基礎年金について少し勉強してみよう (07/30)

携帯電話に税金がかかるかもしれないよ (06/23)

税金を過払いしていたらいくら還ってくるか?埼玉県固定資産税過徴収 (06/19)

大和証券個人向け国債購入キャンペーン・キャッシュバック (06/17)

大和ネクスト銀行開設3周年特別定期預金金利キャンペーン (06/16)

年金がもらえるのは、何歳から? (06/14)

あちこち壊れてもう大変・自分で直せば一番お金がかからない (06/13)

年金は何歳からもらうのが得? (06/12)

SBI証券の個人向け国債キャッシュバックキャンペーン (06/11)

6月募集個人向け国債10年ものただいま募集中 (06/10)

里親制度と支給・公費負担 (06/08)

今週のお金の話・2014年5月31日から6月7日まで (06/07)

総記事数:
★全ての記事を表示する



ナビゲーション:Top Page >スポンサー広告 > 住民税の基礎知識・サラリーマンの税金、年末調整・確定申告 > 住民税で得しよう > 住民税の基礎知識
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身近なお金で得する話内の検索はこちら

  

- | -
2014年04月28日 (月) 11:24 | 編集

 なんだかわかりにくいと感じてしまう住民税というもの。

 いったいなんでわかりにくいんだろう。

 このブログでも何度か住民税については取り上げているんだけど、やっぱりわかりにくいと感じてしまう。

 

 住民税についてもうちょっと掘り下げてみたい。

《目次》

1, 住民税の目的

2, 住民税には2つの納税先がある?

3,住民税には2つの課税方法がある・均等割りと所得割

4,住民税の均等割りが非課税となるのはどんな人?

5,住民税の所得割が非課税になる人

6,住民税の課税は前年度所得で課税される

7,住民税は1月1日の住所地で課税される

8,住民税を納める方法は2つある・普通徴収と特別徴収

9,給料+給与所得以外の収入がある人の住民税の納め方

 

1, 住民税の目的

 住民税は、地域社会の行政費用をできるだけ多くの住民に分担してもらうという目的で徴収される税金のひとつ。

 個人に課す個人住民税と、法人に課す法人住民税がある。

 

2, 住民税には2つの納税先がある?

 住民税には、市町村民税(23区では特別区民税)と道府県民税(東京都では都民税)がある。

 市町村民税は市町村へ、と県民税は都道府県へと納税されるわけなんだけど、これを住民税として徴収しているわけだ。

 

3,住民税には2つの課税方法がある

 住民税には納税先とは別に、「所得割」「均等割」という2つの課税方法がある。

・均等割: 所得金額にかかわらず定額で課税される。

 住民税の均等割の標準税額は市町村民税3000円+道府県民税1000円=合計4000円。

 住んでいるところによって+αの税金を徴収されることがある。

 

・;所得割: 前年の所得金額に応じて課税される。

 住民税の所得割は、市町村民税6%+道府県民税4%=合計10%。

 年収から、各種控除を引いたあとの所得から10%の住民税が徴収されるということだ。

 ちなみに、所得税上の控除と住民税上の控除は同じ控除名でも控除額が違う。

 たいていの場合、住民税の控除額のほうが少ないため、所得税の所得より住民税の所得のほうが大きくなる。

 要は、所得税が非課税でも、住民税の所得割は非課税にならないという事態が生じる。

 

4,住民税の均等割りが非課税となるのはどんな人?

1.生活保護法による生活扶助を受けている人。

2.障害者、未成年者、老年者、寡婦(寡夫)で前年の合計所得金額が125万以下の人。

3.前年の合計所得金額が自治体の条例で定める金額以下の人。

 この場合、自治体によって住民税均等割り非課税となる条件が違う。
 某自治体では、住民税上の各控除後の所得が↓の金額より少ない人。
 ・扶養親族がない…28万円
 ・扶養親族がある…28万円×(扶養親族数+1人)+16万8千円。

 各自治体によって28万円が別の金額だったりするので、実際に住民税の均等割りが非課税になるかどうかは自治体による。

 

 住民税均等割りが非課税となると、自動的に、住民税所得割も非課税となる。

 

5,住民税の所得割が非課税になる人

住民税上の各控除後の所得が以下の金額より少ない人

・扶養親族がない…35万円給与所得控除前で100万円以下

・扶養親族がある方…35万円×(扶養親族数+1人)+32万円

 

66,住民税の課税は前年度所得で課税される

 所得税はその年の1月1日から12月31日までの所得に課税される。

 が、住民税の場合、前年度分の所得が課税対象となる。

 

7,住民税は1月1日の住所地で課税される

 住民税は前年度分の所得に対して、1月1日現在の住民票上の住所地で徴収される。

 ここもわかりにくい点。

 例を挙げれば、平成26年1月1日に転居し、住民票上の住所を移した場合、平成25年1月1日から平成25年12月31日までの所得が平成26年1月1日の住民票上の住所地で課税される。

 

8,住民税を納める方法は2つある

 住民税の納税方法にも2種類ある。

サラリーマンの住民税の徴収方法は特別徴収

 サラリーマンの場合、住民税は特別徴収という形で住民税を納める。

 特別徴収は住民税を6月から翌年の5月までの12回に分けて給与から天引きし、会社が取りまとめて住民税を納付する。

 

サラリーマン以外の人は普通徴収

 給与から税金を天引きできない人は、普通徴収という方法で住民税を納める。

 毎年6月に、市町村・特別区から納税義務者に税額通知書(納付書)が送付され、この納付書により市区町村役場や金融機関などの窓口で支払いう。

 住民税の納期は6月・8月・10月・1月などの年4期。

 支払い月は各市区町村によって違う場合もある。

 

9,給料+給与所得以外の収入がある人の住民税の納め方

 サラリーマンでも給料以外の収入がある人は、2通りの方法を選ぶことができる。

 たとえば、株や不動産などの売買の利益、副業の収入などで収入があった場合などにも住民税がかかってくる。

 

1、すべて特別徴収。

 特に意識していないと、給与所得以外の収入分の住民税もすべて特別徴収として会社から天引きされる。

 

2、給与部分は特別徴収、他は普通徴収

 給与に係る住民税部分を会社で天引き。

 その他の収入は普通徴収として市町村に直接住民税を納めることができる。

 ただし、副業であっても、副業での収入が給与である場合、すべて特別徴収となる。

 この場合、メインとなるひとつの会社の給料から住民税を天引きされる。

 

 さて、次回は退職時の住民税の取り扱い。

 その次は年金と住民税の課税非課税について考えてみようと思う。

  サイト内の同タグのついた記事
税金 住民税 住民税非課税 都道府県民税 市町村民税 

同じタグのFC2ブログの記事
税金 住民税 住民税非課税 都道府県民税 市町村民税
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 サラリーマンで、副収入のある人。  会社には副業をしていることを知られたくないと思っている人は、確定申告の際に住民税の徴収方法を『普通徴収』にするようにチェックをする。  でも、他の会社...
2012/01/19(木) 19:11:13 | 身近なお金で得する話
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。