年金制度基礎知識| 身近なお金で得する話

このページは『年金制度基礎知識』ページです。
 意外に知らないお金の話。ちょっと調べると、節約や貯蓄に役立つ話がたくさんあるらしい。調べよう!お金の話。

身近なお金で得する話TOPへ   

 
ブログの引越しをしました。自動的に新ブログに飛ぶようになっています。万が一ジャンプしない場合はhttp://money.0hs.org/をクリックしてください。

サイトを引越しするかも

 現在、当サイト「身近なお金で得する話」の引越しを考えている。

 少しずつ、記事を新サイトに移していくつもりだ。

 検索で来てくれた人は、いきなり画面が変わっても驚かないでね。

 <<身近なお金で得する話・最新記事リスト>>

ふるさと納税で高金利定期預金北都銀行インターネット支店「あきたびじん支店」 (11/28)

年末調整する人しない人、年末調整でできることできないこと (11/24)

年率(税引前) 2.00% SBIホールディングス株式会社第6回無担保社債概要 (11/23)

冤罪事件に巻き込まれたら貧乏人はどうやって弁護士を頼めばいい? (11/22)

法定相続人ってどこまでの親族? (11/21)

私は天涯孤独です。遺産はどうなるの? (11/21)

国民健康保険の保険料の計算は、市町村で大きく違う (11/19)

社会保険料と副業 (11/19)

厚生年金保険料は、給料の何%か? (11/19)

毎日定額購入で投資信託を購入できる (11/19)

GDP(国内総生産)っていったい何? (11/18)

老齢基礎年金をもらうためには国民年金保険料は何歳まで払わなくてはならない? (11/16)

銀行によって外貨預金の手数料が大きく違う (11/15)

年賀状代を節約!年賀状は郵便局で買うと損をする (11/12)

外貨MMFと外貨預金どちらがとくか比べてみよう (11/11)

老齢年金の種類 (11/06)

投資信託の基準価額ってどういうもの?高いほうがいい?低いほうがいい? (11/05)

口座貸越(当座貸越)の上手な使い方 (10/31)

イオン銀行でイオンカードセレクトをもってる人専用定期預金特別金利キャンペーン中 (10/29)

遺族がもらえる年金まとめ (10/26)

SBI証券利付国債の購入手続き (10/23)

EB債「他社株転換可能債」はハイリスク (10/19)

ニッセイ日経225インデックスファンドの利益 (09/26)

個人向け国債5年ものvs銀行5年定期 (09/20)

9月の国債「個人向け国債」「利付国債(利付国庫債券)」どちらがとく? (09/19)

障害年金と年金保険料・法定免除は受けたほうがとく? (09/10)

証券会社別個人向け国債 変動 10年(第54回)の募集期間と購入キャンペーン (09/08)

9月の個人向け国債の募集が開始されている (09/06)

婚外子(非嫡出子)の相続制限は違憲・最高裁判決に伴い相続の扱いが変わった (09/06)

被災者生活再建支援法による自然災害被害者への援助 (09/05)

SBI証券のセキュリティ対策「PC登録あんしんサービス」 (09/01)

SBI証券のパスワード変更ってどこからどうやるの? (08/30)

出産一時金について (08/16)

なぜだろう?銀行員はお金を持ってる人が多いんだって (08/14)

障害手当金は厚生年金の加入者がもらえる一時金 (08/13)

東京都職員信用組合の新入職員限定高金利積み立て (08/11)

障害年金と税金 (08/04)

障害厚生年金でサラリーマンは安泰 (08/02)

20歳でももらうことのできる年金・障害基礎年金について少し勉強してみよう (07/30)

携帯電話に税金がかかるかもしれないよ (06/23)

税金を過払いしていたらいくら還ってくるか?埼玉県固定資産税過徴収 (06/19)

大和証券個人向け国債購入キャンペーン・キャッシュバック (06/17)

大和ネクスト銀行開設3周年特別定期預金金利キャンペーン (06/16)

年金がもらえるのは、何歳から? (06/14)

あちこち壊れてもう大変・自分で直せば一番お金がかからない (06/13)

年金は何歳からもらうのが得? (06/12)

SBI証券の個人向け国債キャッシュバックキャンペーン (06/11)

6月募集個人向け国債10年ものただいま募集中 (06/10)

里親制度と支給・公費負担 (06/08)

今週のお金の話・2014年5月31日から6月7日まで (06/07)

総記事数:
★全ての記事を表示する



ナビゲーション:Top Page >年金制度基礎知識
--年--月--日 (--) --:-- | 編集


⇒この記事をもっと読みたい人はこちらの『スポンサーサイト』をクリック

  

- | -
2014年11月16日 (日) 06:46 | 編集
 国民年金保険料は何歳まで払わなくてはならない?  年金の保険料って、いったい何歳まで払わなくてはいけないんだろう?  今日は、国民年金保険料の支払い年齢についてちょっと調べてみた。 老齢基礎年金を受け取るための保険料支払い期間 老齢基礎年金を受け取るための最低保険料支払い期間  老齢基礎年金を受け取るための最低保険料支払い期間は25年。  厚生年金の保険料を納めていた期間や条件によっては、保険料...

⇒この記事をもっと読みたい人はこちらの『老齢基礎年金をもらうためには国民年金保険料は何歳まで払わなくてはならない?』をクリック

  サイト内の同タグのついた記事
老齢基礎年金 国民年金保険料 

2014年11月06日 (木) 22:59 | 編集
 老齢年金について、何回調べても良くわからない。  種類もいろいろあるようだが。  ということで老齢年金ってどんなものなのかって話。 老齢年金の種類 ・老齢基礎年金 ・老齢厚生年金 ⇒(本来の)老齢厚生年金 ⇒特別支給の老齢厚生年金 ⇒老齢厚生年金の加給年金 老齢基礎年金 老齢基礎年金の受給開始年齢  老齢基礎年金の受給開始年齢は基本的には65歳。  60歳からの支給も可能(ただし減額される)。  男子...

⇒この記事をもっと読みたい人はこちらの『老齢年金の種類』をクリック

  サイト内の同タグのついた記事
年金 受給年齢 老齢年金 特別支給 老齢厚生年金 老齢基礎年金 加給年金 

2014年10月26日 (日) 21:09 | 編集
 遺族が受け取れる年金についてちょっとまとめてみた。  年金というと、老人になったときにもらえるものという意識が強いが、遺族が受け取ることができる年金は、若いときでももらうことができる。  ただし自営業の人とサラリーマンとでは受け取ることができる年金にも違いがある。 亡くなった人が自営業の場合で一度も厚生年金に加入したことがない場合 ・遺族基礎年金 (・寡婦年金) ((・死亡一時金)  ()につい...

⇒この記事をもっと読みたい人はこちらの『遺族がもらえる年金まとめ』をクリック

  サイト内の同タグのついた記事
遺族年金 寡婦年金 死亡一時金 

2014年09月10日 (水) 23:06 | 編集
 障害年金のでもらったお金は非課税。  では、年金保険料って払わないといけないんだろうか?  結論から言えば、国民年金の保険料は免除される。  障害年金を受けていても今、厚生年金に加入している場合は、厚生年金保険料は免除にならない。 国民年金加入者の場合障害年金受給者は国民年金保険料は免除になる  2級以上の障害で障害年金を受け取っている場合、国民年金保険料は納めなくても良いようだ。  また、1・...

⇒この記事をもっと読みたい人はこちらの『障害年金と年金保険料・法定免除は受けたほうがとく?』をクリック

  サイト内の同タグのついた記事
年金 障害年金 保険料 

2014年08月13日 (水) 00:30 | 編集
 サラリーマンは障害年金でも優遇されている。  国民年金の加入者なら障害1級か2級に認定されていないと障害基礎年金がもらえないが、厚生年金に加入しているサラリーマンの場合より軽い障害でも障害年金をもらうことができる。  さらに、サラリーマンの場合3級より軽い障害でも一時金をもらうことができるのだ。  その名を障害手当金という。  障害手当金をもらうためには、障害の元となった病気や怪我の初診日に厚生...

⇒この記事をもっと読みたい人はこちらの『障害手当金は厚生年金の加入者がもらえる一時金』をクリック

  サイト内の同タグのついた記事
年金 障害年金 障害手当金 厚生年金 

2014年08月04日 (月) 18:19 | 編集
 若くてももらうことのできる年金、障害年金。  でも、障害年金をもらって場合税金は払わなくてはならないんだろうか?  いま税金って高いからなあ。  障害年金をもらっても税金がかかるんじゃ困るかもね。  というわけで、障害年金に税金がかかるのか調べてみた。 障害年金そのものは非課税  障害年金そのものは非課税である。  障害年金としてもらったお金には税金がかからない。 障害年金をもらいながら働いてい...

⇒この記事をもっと読みたい人はこちらの『障害年金と税金』をクリック

  サイト内の同タグのついた記事
年金 税金 

2014年08月02日 (土) 18:38 | 編集
 病気や怪我で後遺症が残ったら、障害年金をもらうことができる。  国民年金の加入者は障害基礎年金、サラリーマンなら障害厚生年金をもらうことができる。  この障害年金、普通の年金と違って20歳だろうが30歳だろうがもらうことができる。  国民年金の障害基礎年金で生活を成り立たせるのは大変だが、サラリーマンの障害厚生年金なら、働けなくなっても生活が成り立つ。 障害厚生年金は障害基礎年金より補償が厚い ...

⇒この記事をもっと読みたい人はこちらの『障害厚生年金でサラリーマンは安泰』をクリック

  サイト内の同タグのついた記事
年金 障害年金 

2014年07月30日 (水) 22:41 | 編集
 20歳からもらうことができる年金、それが障害年金というもの。  では、障害年金ってどんなものだろう? 障害年金とは?  国民年金法、厚生年金保険法等に基づき、疾病又は負傷(傷病)によって、一定程度の障害の状態になった者に対して支給される公的年金の総称。  国民年金の年金保険料を払っている人は「障害基礎年金」、厚生年金の保険料を払っている人は「障害基礎年金」+障害の度合いによって年金...

⇒この記事をもっと読みたい人はこちらの『20歳でももらうことのできる年金・障害基礎年金について少し勉強してみよう』をクリック

  サイト内の同タグのついた記事
年金 障害年金 障害基礎年金 

2014年06月14日 (土) 17:55 | 編集
 年金をもらえるのは、何歳から?  いまさら何を言ってるとお思いでしょうが・・・。  ま、おさらいってことで。 国民年金も厚生年金も基本は65歳が年金受給の開始年齢  国民年金も厚生年金も基本的には65歳が年金の受給開始年齢となる。  国民年金の場合は、老齢基礎年金の部分しかないのでわかりやすい。  ただし、ややこしいのは厚生年金の人。    厚生年金の場合は、老齢基礎年金+老齢厚生年金+(特別支給...

⇒この記事をもっと読みたい人はこちらの『年金がもらえるのは、何歳から?』をクリック

  サイト内の同タグのついた記事
年金 受給 期間 年齢 国民年金  厚生年金 

2014年06月12日 (木) 20:54 | 編集
 年金の繰り下げ支給はとくか損か?  現在の年金は、65歳から支給が原則。  60歳から年金をもらうと年金額が減る。  66歳から年金支給なら段階的に年金の額は増える。  まあ、ここまでは皆さんよく知っている。  気になるのは、何歳からもらったら一番得になるか?といったところ。  雑誌やTVでは、「年金は男性は66歳、女性は70歳でもらい始めるのが有利」と言われていたりする。    でも実は、年金は60歳からも...

⇒この記事をもっと読みたい人はこちらの『年金は何歳からもらうのが得?』をクリック

  サイト内の同タグのついた記事
年金 

2014年02月16日 (日) 18:09 | 編集
 今年4月末から、国民年金保険料の口座振替分2年前納(2年間分前払い)制度が導入される。  この、国民年金保険料の2年前納、割引率が高い。  1月末に、2014年度の国民年金保険料の新しい支給額や保険料が発表されたが、月額210円増額。  たいした金額ではないが、消費税増税とあいまって、結構ダメージになるかも。  その分、前納制度を賢く使って、得をしよう。   国民年金保険料は月額1万5250円  2014年度の国民年...

⇒この記事をもっと読みたい人はこちらの『割引率4%・国民年金保険料の口座振替分2年前納(2年間分前払い)制度』をクリック

  サイト内の同タグのついた記事
年金 国民年金 国民年金保険料 前納 割引 

2013年12月13日 (金) 21:40 | 編集
 2012年度の国民年金保険料の納付率は59%で、目標とする60%を4年連続で下回った。  もちろん生活貧困者もいるわけだが、中には、個人の生命保険や個人年金ははらってるって人もいるらしい。  『お金はあるけど、年金保険料は払わない』。  こんな人は、年金保険に対する不信感が根底にあるんだろうけど。  年金のシステムにも問題があるのも確か。  今まで、国民年金未納者に対する財産差し押さえの督促状は、相当...

⇒この記事をもっと読みたい人はこちらの『国民年金滞納者、差し押さえ予告督促状送付予定』をクリック

  サイト内の同タグのついた記事
年金 国民年金 滞納 督促状 差し押さえ 

2013年09月13日 (金) 06:57 | 編集
 通常もらえる遺族年金。  でも、ちょっとややこしいケースがあるようだ。  しかもごく身近に、しかも思いがけない形で。   遺族年金の支給要件・「生計維持関係」  「生計維持関係」とは、平たくいえば扶養されていたということ。  生計同一関係にあり、奥様の年収が850万円未満であれば生計維持関係があったと認められる。  日本年金機構のホームページを見ると『遺族厚生年金は、厚生年金保険の被保険者中または被...

⇒この記事をもっと読みたい人はこちらの『配偶者と住所が違うと遺族厚生年金がもらえない?』をクリック

  サイト内の同タグのついた記事
年金 遺族年金  

2013年09月10日 (火) 14:08 | 編集
 最大19年11か月で退職が一番。  夫婦で得する年金受給の方法。    夫婦で年金受給をする場合、妻は最大19年11か月で退職するのが一番年金の受給額が大きくなる。  なんて話を聞いたんだけど、どういうことだろ?    サラリーマンの妻(専業主婦)は年金制度では「第3号被保険者(3号)」と呼ばれ、保険料を負担せずに基礎年金(国民年金)を受け取れる仕組みになっている。  これだけでもうらやましい話だが・・・。...

⇒この記事をもっと読みたい人はこちらの『最大19年11か月で退職が一番得・加給年金』をクリック

  サイト内の同タグのついた記事
退職 年金 加給年金 厚生年金  

2012年12月19日 (水) 09:58 | 編集
 国民年金保険料の減免を受けた場合には、その期間は、年金保険料の納付期間には含まれる。  でも、実際の年金額には、反映されない場合もある。  年金額に反映される場合でも、年金受給額が減額されたりする。  で、国民年金保険料の減免を受けた人には、後から保険料を収めることのできる制度が存在する。  これが国民年金の追納。    国民年金を収め忘れた場合、あとから保険料を収めることができる制度で後納とい...

⇒この記事をもっと読みたい人はこちらの『国民年金の追納制度』をクリック

  サイト内の同タグのついた記事
年金 国民年金 追納 後納 減免 

2012年12月17日 (月) 00:21 | 編集
 会社員時代は厚生年金に加入していた人、失業したり退職して、その後、年金に入ってないなんてケースがあるようだ。  老齢年金は、あまり当てにならないから年金に入りたくない!  その気持ちは、よくわかる。  けど、年金には、年をとったときの給付だけでなく、事故や病気で障害が残ったときにもらえる障害年金というのもあるし。  年金に入ってないと、この障害年金ももらえない羽目になる。  ほかにも色々いざって...

⇒この記事をもっと読みたい人はこちらの『国民年金の減免制度』をクリック

  サイト内の同タグのついた記事
年金 国民年金 減免 

2012年07月07日 (土) 20:14 | 編集
 国民年金の納付率が過去最低になったんだって?  平成23年度の国民年金保険料の納付率が58・6%とと言うから、残り40%強。    厚生年金や共済年金加入者は数に関係ないとはいえ・・・。    国民年金の納付対象者の半数近くが年金を納めていないことになる。      将来的には、この40%今日の人たちは、生活保護か・・・。    やれやれ。    大変(まともに、税金と年金納めてる...

⇒この記事をもっと読みたい人はこちらの『国民年金の納付率が過去最低』をクリック

  サイト内の同タグのついた記事
年金 国民年金 納付率 平成23年 国民年金保険料 

2011年11月03日 (木) 18:32 | 編集
  今のまま、年金保険料を払い続けて、行くとする。  どの世代まで、年金保険料と年金給付のバランスが取れるかというと、1955年生まれの人までくらい。  年金保険料を18%くらいまで、年々増やしていっても、このせいぜい1960年生まれの人くらいまで。  お先真っ暗な気分になるが・・・。  でも、最近管理人は、考えるようになった。  自分たちの世代は、年金はもらえない。  け...

⇒この記事をもっと読みたい人はこちらの『年金保険料と年金給付のバランスが取れるのは、どの年代まで?』をクリック

  サイト内の同タグのついた記事
保険 保険料 年金 世代 バランス 年金給付 負担 

2011年11月01日 (火) 22:14 | 編集
 年金支給開始年齢が75歳以上になると、今年の新入社員は95歳で、ようやく元を取れるという話だ。  元が取れる取れないはともかくとして、年金の支給開始年齢が75歳になるとして、定年は、70歳???  で、70歳定年で、再雇用で75歳まで、いやー、其処まで働くか。  判断能力の鈍った老人が、働くのねえ。  すごい世界になりそうだ。  70歳超えても働ける職種は良いけど、働けない職種もありそ...

⇒この記事をもっと読みたい人はこちらの『年金支給開始年齢が75歳以上になると、今年の新入社員は95歳で、元を取れるという』をクリック

  サイト内の同タグのついた記事
年金 支給 75歳 

2011年10月19日 (水) 15:01 | 編集
  やっぱり専業主婦はお得な商売のようだ。  年金改革案『夫の納めた年金は、妻が半分納めたものとみなす』というやつ。  『厚生年金を妻と夫で半分こ』って、『厚生年金部分煮を半分こ』これで、不公平感の解消になるんだろうか?  もともと、専業主婦の年金問題で、問題になっているのは、国民年金部分。  この部分は手付かず。  払うのは、夫でなくて、独身者や共働きの人。 ...

⇒この記事をもっと読みたい人はこちらの『自分の妻は専業主婦!だから何が何でも守りたい、専業主婦の年金優遇』をクリック

  サイト内の同タグのついた記事
年金 専業主婦 優遇 改革  

2011年09月29日 (木) 22:00 | 編集
  厚生省から、『夫が払う厚生年金の保険料は、半分は、専業主婦である妻が払っているとみなし、夫が受け取る厚生年金などの受給額の半分を妻の基礎年金に上乗せする仕組みに改める方向。 』で検討に入ったそうだ。  ???って、ことは?  夫の側の年金額は、少なくなるってこと?  記事の掲載元である読売新聞のHPの図解を見てみると、年金の保険料は妻と夫で半分ずつ。  年金受給の部分は、夫の厚...

⇒この記事をもっと読みたい人はこちらの『不公平感解消なるか?専業主婦の年金保険料・夫と折半とみなす』をクリック

  サイト内の同タグのついた記事
年金 保険料 保険 専業主婦 

2011年08月30日 (火) 19:06 | 編集
 同じ遺族年金でも、国民年金加入者の遺族基礎年金 場合は『子のない妻』や『夫』は遺族年金を受け取れない。  が厚生年金加入者の遺族厚生年金は、受け取ることができる。 遺族厚生年金の受給条件 基本的な厚生年金受給の条件 ・遺族基礎年金の保険料納付要件を満たしていること。 ↓  死亡した人が「保険料納付済期間と保険料免除期間とを合算した期間が国民年金加入期間の3分の2以上を満たしている」  要するに『20歳...

⇒この記事をもっと読みたい人はこちらの『遺族厚生年金は『子のない妻』や『夫』も受け取ることができるが・・・』をクリック

  サイト内の同タグのついた記事
年金 厚生年金 厚生遺族年金 

2011年08月27日 (土) 22:15 | 編集
 65歳に達してなくても、受け取れる公的年金のひとつ、遺族年金。    ま、そうは言っても、遺族年金を受け取るのは、本人ではなく、家族だけど。    障害年金と同じで、国民年金に加入している人の遺族は『遺族基礎年金』、厚生年金に加入している人は『遺族厚生年金』を受け取ることができる。  今回の話は国民年金加入者の遺族が受け取ることのできる「遺族基礎年金」の話。  国民年金の加入者の遺族が受け取ることの...

⇒この記事をもっと読みたい人はこちらの『国民年金の遺族年金は、夫や子のない妻は受け取れない』をクリック

  サイト内の同タグのついた記事
国民年金 遺族年金 基礎年金 遺族基礎年金 

2011年08月25日 (木) 19:30 | 編集
 年金は65歳以上の人しかもらえない、だから、年金なんか払いたくない!  でも、実は、65歳以下の人でも関係のある年金支給もある。  障害年金もそのひとつ。 障害年金の種類 ・国民年金加入者→障害基礎年金 ・厚生年金加入者→障害厚生年金   障害年金の支給額は、障害の程度によって違うが、障害基礎年金(国民年金)の場合、障害等級1級の場合、792,100円×1.25+子の加算(第1子・...

⇒この記事をもっと読みたい人はこちらの『若い人でももらえる、障害年金』をクリック

  サイト内の同タグのついた記事
年金 障害年金 障害基礎年金 厚生年金 国民年金 

2011年08月25日 (木) 00:18 | 編集
 国民年金を滞納するとどうなるか?  将来もらえる年金も当てにならない・・・。  そう思う人が多いせいか、国民年金の未納者ってのも結構いるようだ。  厚生年金は、サラリーマンは強制的に払うからね(厚生年金に加入していない、あこぎな会社は別として)。  で、国民年金を滞納すると、いったいどんな問題があるのかな。  『どうせ将来、年金なんてもらえない!』かもしれないけど・・・。  ...

⇒この記事をもっと読みたい人はこちらの『国民年金を滞納するとどうなるか?』をクリック

  サイト内の同タグのついた記事
保険 年金 国民年金 滞納 

2011年05月08日 (日) 18:38 | 編集
  年金収入は所得税上は雑所得だ。  不動産収入・農業収入・給料・事業所得以外の所得も、雑所得。  でも、公的年金には、控除が付く。  ちなみに、私的年金には控除は無い。  また、他の雑所得にも控除は無い(必要経費は認められる)。 公的年金とは? ・国民年金・厚生年金・共済年金・恩給・企業年金・国民年金基金・付加年金など 公的年金の控除額 年令 年間...

⇒この記事をもっと読みたい人はこちらの『年金にも税金はかかるのだ』をクリック

  サイト内の同タグのついた記事
年金 所得税 控除 公的年金 

copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。